To Realize our Better Future

より良い平和な社会の実現のために

この度、ICUサポート募金をRebootして皆様に協力をお願いをすることになりました。

以下の趣旨にご協力いただければ幸いです。

ICU高校は帰国生徒受入校として1978年に創立され、それ以来そのミッションを忠実に果たすべく様々な挑戦を続けてまいりました。 2021年の3月には、10,000人目の卒業生を輩出するに至りました。 これまでも多様な教育背景に対応すべく、少人数・レベル別の授業を進化・深化させつつ、生徒主体の学びの空間を創出する努力をたゆまなく続けてまいりました。世の中の流れに抗うように、現在もいわゆる特進クラスなどの制度を設けることもなく、また、文系理系のクラス分けを行うことなく、一つのHR教室に世界の縮図が垣間見られるようにこの学校の生徒文化が大きく変質しないように努めてまいりました。

しかしながら、40数年を経て、以下の点においては経営上の課題を克服する過程にあります。

Enhancing Opportunities

皆さまのご支援が、すべての生徒に、生き生きと学ぶ機会を届けます

豊かな教育の機会を質と回数ともに充実させることを目指す。

  • 生徒の家庭の経済的な事情に関係なく、本校の豊かで斬新なGlobal Learning Program※1に参加できるようにすること
  • 海外・日本中の現場で学ぶ機会をより一層広げるようにすること
  • 多様な生徒の受け入れを目指して独自奨学金の拡充を実現すること※2
  • ITや学校外の人的つながりを活用する教育の機会が激増する中で、これらの活動を支える専門家の支援を適切にうけられるようにすること

※1Global Learning Programとは、本校独自で開拓している授業カリキュラムに含まれない様々な学びのことを指す。 https://icu-h.ed.jp/sgh/

※2本校独自の奨学金としては、2021年度より「喜吉フォワード奨学金」が設置されました。 本奨学金のさらなる充実化を図りたいと考えております。

Improving Facilities

ICUHSの施設・設備の維持・充実にもご支援が必要です

教育施設の更新と充実化を通してより豊かな教育の場の創出を目指す。

  • 2012年より取り組みが始まった各種施設の更新が最終段階に入りました
    1. 高校グラウンドの土壌改良・テニスコートの全面改修・体育館の補修(2022年度より開始)
    2. 西棟(W棟)の教室機能の大規模改修(2030年度を目処に着手)
  • 改修を終えた施設の定期的なメンテナンスが大きな財政上の負担です
    1. N棟・S棟などの教室等のメンテナンス
    2. 大規模改修を終えた学寮5棟のメンテナンス

お預かりした寄付の件数・総額

寄付件数の合計

138

寄付総額

10,711,100

2022年11月末現在

How are we
progressing?

いただいたご支援は、
やがてより良い社会のために