ICU高校|INTERNATIONAL CHRISTIAN UNIVERSITY HIGH SCHOOL

Menu:
受験を考えている方へ
  • 学校案内/募集要項
  • 入試概要・日程・結果
  • 学校説明会など
  • 諸費用について
  • Q&A
在校生の保護者の方へ
卒業生の方へ
  • 証明書・調査書の発行
  • 卒業生のみなさまへのお願い
お問い合わせ
交通アクセス
-----

ICU高校について|About ICUHS

ライティングセンター

理念 Philosophy

ライティングセンターとは、チューターとの対話を通して、書き手が自分でよりよい文章を書いていけるようにサポートする文章作成支援の機関です。
添削指導とは異なり、作品の完成度よりも書き手の成長を目指すこと、書くというプロセス全体に関わることが特徴です。アメリカの大学で1970年代より広がり、2000年代以降日本の大学でも導入が増えています。ICU高校は日本の高等学校初のライティングセンターを2010年にスタートさせました。

これから学問の世界に飛び込み、やがて社会で活躍していく生徒たちにとって、言葉を用いて自分の考えを発信する力を身につけることは重要です。
ライティングセンターは各教科や図書館とも連携しながら、チューターとのセッションや様々な情報提供を通じて、生徒たちの書き手としての成長を支えます。

活動内容 Activity

ライティングセッション

大学生・大学院生のチューターによる一対一のセッション。
質問や対話を通して、書き手の意図を明確にし、書き手自身がよりよい文章にするための選択ができるように支援します。利用時間は平日の放課後で、一回のセッションは20分。授業レポートや志望理由書、スピーチ原稿にオリジナル小説など、書くことに関する相談であればどんなことでも受け付けています。
2012年度より日本語に加えて英語の対応も開始しました。題材とする作品の言語はもちろん、セッションの使用言語も日英から選ぶことができます。現在、年間のべ200名ほどの生徒が来室しています。

資料・リソース

ライティングセンターには書くことに関する資料を備えています。
辞書・シソーラス・参考書などに加えて、チューターが生徒のために作成したオリジナルのプリントやワークシートが準備されています。
(例:小論文の書き方、パラグラフ・ライティング、参考文献の書き方、引用の仕方、表現力ゆたかな文章を書くには、情報検索の仕方、How to Write Intelligible? など)

文集発行

画像:WRITING IN PROGRESS生徒文集『WRITING IN PROGRESS』を毎年1回発行。学校生活の集大成として、各教科で書かれた生徒の文章の中から優れたものを集めています。
多様な内容の文章は本校生徒の多様性を反映しており読み応えがあります。入力・編集作業にはボランティアの生徒が協力してくれています。

イベント

書くことに関するイベントを実施しています。
これまでに、書くことを職業とする方を講師に招いての講演会、志望理由書を書く予定の生徒が自分の興味を見つけるためのワークショップなどを行いました。

過去の開催例
2010年11月 イベント「針谷卓史が語る作家道」
講師:針谷卓史(本校教諭・三田文学新人賞作家)
2011年6月 イベント「ICU高校書評王決定戦」(図書館共催)
講師:豊﨑由美(書評家)
2011年7月 イベント「取材学入門」(図書館共催)
講師:藤井誠二(ノンフィクションライター)
2012年2月 イベント「自分の興味を知ろう」
講師:ライティングセンター・チューター
2013年6月 イベント「コピー厳禁!?な、コピーライターのお仕事」(図書館共催)
講師:金そよん(コピーライター)
読書会@Library(図書館共催)
課題図書『数学文章作法・基礎編』結城浩著・ちくま文庫

沿革 History

2010年1月 ライティングセンター設置準備開始  
2010年5月 ライティングセンター開室 チューター2名、週2日
2010年9月 文集『ショートストーリーズ』発行 チューター2名、週3日
2011年4月   チューター3名、週4日
2011年10月 文集『WRITING IN PROGRESS』創刊
(毎年1回発行)
2012年4月 英語対応開始 チューター4名、週5日
2013年5月   チューター5名、週5日
 

PAGE TOP

-----